金型とは

プラスチック金型

金型とは製品を大量に生産するための金属製の型のことです。
その型に高温で溶かした、プラスチックを流し込んで冷やし固めて成形します。
非常に細かい穴、小さい隙間を持つ精密な金型が製品の良し悪しを左右するものであり金型の精度で製品の性能が決まります。
数ある金型の種類の中で、弊社では熱可塑性樹脂材による成形加工工場を持っているのでそれに特化しています。

金型の加工

様々な形、大きさに対応いたします

まず最初に、製品図面から3DCADによって3Dモデルを速やかに作成することにより直観的イメージが湧き更に試作品を作りそれを手にすることにより、改良及び改善などのアクションを滞りなく迅速にすすめることができます。
弊社では様々な形、大きさに対応しており、すぐに試作が行えます主な種類は日用品、工業用部品、アクセサリー、医療品などに使われる部品などがあります。

設計・設備

MC 2台
MCフライス 4台
汎用フライス 3台
平研 1台
成研 1台
ラジアルボール 1台
ワイヤー放電 2台
NC放電 1台
彫刻機 1台
スロッター 1台
コンター 1台
NC投影機 1台
三次元測定機 1台
形状測定機 1台
NC旋盤 2台
汎用旋盤  1台
卓上ボール盤 3台

設計室

マシニングセンター

放電加工機